■デリシャスウィートスとは■

1998年にチャーマァを中心に結成し、
ギター・ドラム・ベース・鍵盤の楽隊で
女たちがお手製の衣装に身を包み、
唄・躍り・奇術・魔術など
様々な要素が詰まった独特のショーを繰り広げ、
人間臭いショーを追求する全国各地を
旅する十数名の雑芸レヴュー団である
主な活動場所は、お祭り、広場、銭湯、お座敷、
キャバレー、ライヴハウス、老人施設など。

 

■コケットショーの様子はこちら
■自主企画「デリシャ*カニバル 
とびだせ!人間』の様子はこちら





コケットショーの様子はこちら






★団員名簿★

チャーマァ(パノラマ総合演出)*ブログ◎ひなげし手帖

■踊り子
魔子(ハンター)
チムニー(画家)
チャーマァ(おっちょこ)

チャムラたさん
佐藤 梟*ブログ◎佐藤文化センター

■演奏 女横町痺れ腰
ギター:ベンジャミン・及川 *ブログ◎へっぽこベンジャ館
鍵盤・アコデオン:まさるちゃん
ドラムス:キョン吉
ベース:マー坊(井上まさや)

■オールスターズゲスト
*金魚のえさ スイミー
*お豆腐の星 たーくぃー




《活動・略歴》

■1998年発足
発端は、主宰であるチャ−マァ・ハイヂの製作する衣装の発表のためのステーヂであった。
2000年より、そこへ生演奏、寸劇、唄、躍りがプラスされ、現在のショウのスタイルとなる。
数年の間は、都内・地方のライヴハウスでの活動を中心に行う。
音楽のジャンルに留まらないショウのスタイルを追求し、2002年より様々な場所、
ストリップ劇場での異例の公演、映画出演、
劇団公演への客演(演劇実験室◎万有引力)など、
様々な活動の場が広がり、現在へ至る。

■2002年
佐藤梟、加入。この出会いによりショウの世界がさらに広がっていく。

■2003年
シンコーミュージック専務(訳詞家の漣健児さん)と出会い、
多大な影響と恩義に報いる存在となる。
翌年から始まった自主企画の提案、コケット画報の企画制作。

2004年
自主企画『デリシャ*カニバル とびだせ!人間』を月一回のペースで始める
 
     7月 入方興行にて見世物興行への参加が始まる
       (靖国神社みたま祭り、浦和十二日祭り、池袋鬼子母神にて興行)

2006年 2月 新宿のキャバレー「ニュージャパン」にて初めてのワンマンショー開催
2007年 6月 札幌神宮祭りで見世物興行。(2012年現在まで毎年参加)
2008年 3月 杉並区西荻窪「井荻會館」にて、お茶をすすりながらのお座敷ショーを開催
     8月 中野区教育委員会を後援にて、駅前広場でテントショウを開催(2011年まで3回開催)
       横浜寿町のフリーコンサートに出演
    10月 渚ようこ『コマ劇場公演◎新宿ゲバゲバリサイタル』の踊り子出演 ※振付けをチャーマァが担当
       歌舞伎町のグランドキャバレー「クラブハイツ」にて結成10周年自主公演
    11月 寺山修司没後25年・演劇実験室◎万有引力25周年記念公演第4弾/市街劇
       「人力飛行機 ソロモン・松山篇」に参加。
2009年 10月 「世田谷区食育フェア」でショウ
2010年 8月 世田谷文学館『サザエさん展』でショウ
2011年 9月 博多「放生会」祭りで見世物興行
2012年 5月 デリシャ*カニバルとびだせ!人間第25回目を開催

《CD・DVD・本》
2005年 1月 故・漣健児さんの協力の元、シンコーミュージックよりムック本「コケット画報」(カラー96頁1500円)発刊
2006年 2月 1stアルバム『それゆけ!ハレンチ!スットンキョ!』*伝説のおかま故『東郷健』氏、ゴールデン街の故『ジョージのママ』も参加
     6月 実録DVD『つっぱしれ!青春』を千代田ラフトより発売
2008年 3月 2stアルバム「七色ハズムまっ暗世界」発売
       DVD映像集「命知らずのグンバツ映像集」発売
2010年 8月 ムック本第二弾『人間画報』発刊(カラー・白黒96頁1500円)
2013年 3月 3stアルバム発売予定

《雑誌・ラヂオ・映画》
2009年 4月 映画「バサラ人間」(監督:山田広野)の出演映画公開(渋谷アップリンク)
    10月 中野ブロードウェイの公式本『のせすぎ!中野ブロードウェイ』(辰巳出版)に登場 
2012年  かわさきエフエムで放送中の『内海利勝 LOVE & PEACE 同じ空の下から』にラヂオ出演
                                             など

◎雑誌
週間実話/実話ナックルズ/夕刊フジ/JpanTimes/内外タイムズ/週間ポスト/散歩の達人/クイックジャパン/日本経済新聞/フライデー/デイズジャパン等

★過去のメディア
出没記録はこちら

■もっと詳しい過去の歴史はこちら



DeliciouSweets

■All Singing! All Dancing! With Great Skits!
Charming and coquettish! A fascinating live music company!

DeliciouSweets’s first “coquette show” began in 1998. The leader, Charma-Heidy supervises all the direction, create the choreography and the costumes, and five glamorous girls sing dance and do sketches. They represent the Japanese scandalous and silly young shocking movement! Wearing fancy handmade costumes and supported by punchy live music (the Onnayokocho-shibireboshi boys band) performing absurd and humane stages, DeliciouSweets are an energetic and unique “coquette show” troupe!
Members Vocal dancing and acting
Sato Fukuro/Koeda/Takebe-San/Charma/Swimmy/Taaquy
Musicians Organ: Tiger / Guitar: Benjamin / Drums: Piitan / Bass: Tchubei-Don
Since 2004, DeliciouSweets started to perform in “Misemono-goya” (heritage of Japanese traditional freak show), mixing live music, singing, dancing and magic in cultural places throughout Japan like the Yasukuni Shrine’s Mitama Festival, Urawa, the Ikebukuro Kisibojin Fextval, Fuchu Ookunitama Shrine, Sapporo-Jingu Festival and gain notoriety. In the other way, by participating to movements against redevelopment (for preserving traditional landscapes and buildings), DeliciouSweets shows also social convictions.
In 2005, they release the “Coquette Gaho” a pictorial magazine (96 pages color book) with the participation of Kenji SAZANAMI (Japanese music translator, Have translated “L-O-V-E” performed by Nat King Cole himself)
In 2006, DeliciouSweets have filled Japanese famous grand cabaret, Shunjuku’s “New Japan” and Uguisudani’s “Kinema Club” with one-man shows. They have also released the CD “Soreyuke! Harenchi! Suttonkyo!” and the DVD “Tsuppashire! Seisyun”. Charma-Heidy have Create the choreography of HANDA Kenji and NAGISA Yoko’s “Kakkoi Boogaloo” And DeliciouSweets perform the dance in the Video Clip.
In 2008, DeliciouSweets released their newest album “Nijiiro Hazumu Makkurasekai” and the DVD “Jituroku!Inochi-shirazuno gunbatsu Eizosyu”. The same year, their new “coquette show” takes place in Iogikan, a 100 year old Japanese house where they sing and act freely between the two floors. With the help of the Nakano ward education commission, DeliciouSweets have also performed in a tent in front of the Nakano train station. Passing people stopped their feet for the show they have never seen before. After the amazing success of this “coquette show”, DeliciouSweets have been invited to the free music festival of Kotobukicho where they performance melting acting and music have been a great success.
In October 2008, they dance behind NAGISA Yoko for her “NAGISA Yoko Geba-Geba Recital” in Shinjuku “Koma Theater”. The same month, to celebrate their 10th anniversary, DeliciouSweets organized the “Delicious Carnival Tobidase! Ningen Moody scandalous Show” in Shinjuku Kabukicho’s Grand cabaret “Club Heights” witch was a great success too. Also in October, they worked with the “theatrical experimental room, Banyuinryoku” for a stage that takes place all across Matsuyama city and enlarge their activity field.
In April 2009, DeliciouSweets organized again another show in the old Iogikan, the “ozashiki show”. This year the “Nakano tent show” will take two days (9 and 10 May) with the help of Nakano ward education commission. DeliciouSweets have also appeared as a main role in YAMADA Hirono’s movie “Basara ningen”. For this year, DeliciouSweets is expecting to participate to more and more outdoor Festivals and also their first foreign country tour.

DeliciouSweets’ activities are frequently featured in japanese newspapers and magazines and attract reader’s attention.


*DeliciouSweets on YouTube*




a supporter by sampler(DUPOBS)